正しい融資の受け方と現状打破

融資とは?

融資という言葉はテレビや新聞、インターネットなど、あらゆる場所でよく目にしたり耳にしたしすると思います。それほど身近なことばではありますが同義語も多くあるので言葉のはっきりとした定義はわかりにくい部分かも知れません。

融資とは私たちのような「個人」か会社組織のような「法人」が金融機関からお金を調達することを言います。そんなことは当たり前だ!という言葉が聞こえてきそうですが、実は「お金を調達の仕方」がポイントで、もらうのではなく借り入れをすることである、ということを理解しておきましょう。

借り入れるということは融資を受ける際に、返済能力などの審査があります。その審査を通って初めて融資という形でお金を受け取ることができるのです。審査の通りやすさ、通りにくさは目的や金額の大小で大きく変わってきます。個人が受ける融資の代表的なものとしてキャッシングがありますが、最近ではインターネットなどで簡単に審査を受けることができ、比較的かんたんにお金を借りることができるようになりました。

クレジットカードに付いているキャッシングも同様に融資と言うことができます。利用した人ならご存知かと思いますが、キャッシングを申し込んですぐに利用できます。審査をしていないのかというとそうではありません。クレジットカードを作成時、クレジット会社に加入するタイミングで既に審査が行われているため、スピーディーに借り入れをすることができるんですね。

これから転職したり、退職して独立しようと考えている方は、これを逆手に取って信用のあるうちにクレジットカードを作って置くことをおすすめします。